哺乳瓶の消毒方法として昔から親しまれている煮沸消毒。特別な道具が要らずしっかり消毒出来るため、根強い人気があります。しかし、誤った方法では十分に消毒効果が発揮されない場合があります。ここでは、煮沸消毒の方法やメリット・デメリットについて解説します。

見落としがちな煮沸消毒の正しい手順とは?

哺乳瓶の煮沸消毒は誰でも手軽に出来る方法として根強い人気があります。しかし、単に沸騰したお湯に哺乳瓶を入れれば良いというわけではなく、しっかり消毒するために、正しい手順を守る必要があります。以下の手順に沿って実行出来ているかどうかチェックしてみましょう。

<正しい煮沸消毒の手順>
1.哺乳瓶を分解出来るところまでバラバラに分ける
2.1をブラシを使って念入りに洗う
3.流水でしっかり洗い流す
4.鍋に水をたっぷり入れ、哺乳瓶を入れた状態で火にかける
5.沸騰して約3分経ったらトングを使い乳首部分を鍋から取り出す
6.さらに約4分後に哺乳瓶の本体部分を取り出す
7.6をキッチンペーパーの上に逆さまにして置き自然乾燥させる

煮沸消毒をする際の注意点

哺乳瓶を煮沸消毒する際は、以下の点に注意しましょう。

1.煮沸消毒した哺乳瓶に触れる道具の雑菌に気を付ける
哺乳瓶が触れる部分に雑菌が付いていると、せっかく煮沸消毒した後に菌が付着してしまいます。特に哺乳瓶を取り出す際に使うトングや哺乳瓶の口が触れるキッチンペーパーは、新しく清潔な物を使いましょう。

2.煮沸時間を守る
煮沸時間が足りないと、消毒効果が十分に発揮されず雑菌が残ってしまう原因となります。煮沸時間を正しく守りましょう。

3.哺乳瓶を拭く布巾を除菌する
煮沸消毒した哺乳瓶は自然乾燥するのが理想ですが、時間が無い場合は必ず除菌した布巾を使い、雑菌が付着しないよう注意しましょう。

4.哺乳瓶を洗うスポンジやブラシは専用の物を使う
哺乳瓶にこびり付いた汚れをスポンジやブラシで落とす際は、必ず哺乳瓶専用の物を用意しましょう。普段から使っている食器用スポンジと共有すると、雑菌が付着しやすくなります。

煮沸消毒のメリットとデメリット

煮沸消毒には以下のメリットとデメリットがあります。

<メリット>
・高温殺菌でしっかり消毒出来る
・実家への里帰りや旅行先などコンロがある所であれば利用出来る
・専用洗剤や専用容器などが要らない
・一度に哺乳瓶を数本消毒出来る

<デメリット>
・火気が無い所で利用出来ない
・お湯を沸かす手間がかかる
・消毒が完了するまで手が離せない
・ガス代や電気代がかかる
・耐熱性の哺乳瓶でなければいけない

哺乳瓶を煮沸消毒する大きなメリットは、場所を選ばず手軽かつしっかりと消毒出来る事です。その一方で、ガラス製など耐熱性の哺乳瓶で無ければならないため、選べる商品に限りが出てきます。これらの条件をふまえ、煮沸消毒を行ないましょう。

まとめ
煮沸消毒は哺乳瓶の消毒方法として長く親しまれていますが、正しい使用方法を身につけましょう。これまで自己流で行なっていた人は、今一度手順を見直してみましょう。哺乳瓶の乳首は熱に弱い物もあるため、劣化や破損に気付いたら早めに交換しましょう。また、煮沸消毒中はコンロから目を離さないよう注意しましょう。