「和歌山のパパイクプロジェクト PAPAMO」

和歌山県男女共同参画センターが9月に始めた、「和歌山のパパイクプロジェクト PAPAMO」は、今月29日から、パパ対象の育児啓発講座を全4回にかけて実施します。

29日の講座は、田辺市新庄町にある情報交流センターBig・Uの研修室2で、10:30〜12:00まで行われる予定。参加費は無料、事前申し込みを受け付けた後、定員30名で開催されます。

男性の育児参加、ワースト1位

総務省統計局が2011年に行った社会生活基本調査によると、和歌山県男性の育児参加率は47都道府県中最下位の1日あたり23分(全国平均39分)でした。

6歳未満の子どもがいる家庭で、家事、介護・看護、買い物、そして育児を含めた男性の家事関連時間においても、和歌山は最下位。

その一方で、睡眠時間の長さは全国12位、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の時間は全国9位となり、和歌山県の男性に限っては、家事や育児に消極的でありながら、余暇などの時間はあるという結果になりました。

男性に育児参加を促す取り組み

パパイクプロジェクトの第1弾となる29日の講演では、「笑顔になれる!パパの子育て応援講座」と銘打ち、専門家による講演やグループワーク、自身も3人の子どもがいるお笑い芸人池田のりひこさんの体験談などが語られる予定です。

また、「ママ対象啓発講座」も先月から全24回で実施されていて、第2回の講座は今週10月7日に和歌山市内で、「言葉掛けひとつで変わる!パパにもできる愛され収納講座」が開催されます。

申し込みは「キャリア・ブレスユー」(073-435-0086)まで。

和歌山のパパイクプロジェクトPAPAMO

パパイクプロジェクトPAPAMO 講座実施一覧