1歳7カ月を過ぎると、離乳食を卒業する赤ちゃんがほとんどです。自我が芽生え始め、ママの決めた服を嫌がるなど自己主張をする子もいます。今回は1歳7カ月の赤ちゃんの発育状況を見ていきましょう。

1歳7カ月の赤ちゃんの身長と体重

平成22年に厚生労働省によって行われた乳幼児身体発育調査で発表された1歳7カ月の赤ちゃんの標準的な身長と体重は以下の通りです。

(1)身長
男の子:81.5cm
女の子:80.1cm

(2)体重
男の子:10.53kg
女の子:9.91kg

赤ちゃんの成長には個人差があるため、標準値通りでなければ必ず発達に異常があるという訳ではありません。標準値より低い数値でも、1カ月前と比べて身長や体重に変化がある場合はあまり心配する必要はないでしょう。

1歳7カ月の赤ちゃんの発達状況

1歳7カ月の赤ちゃんの発達状況は以下の通りです。

(1)自立心が芽生えてくる
1歳7カ月を過ぎると赤ちゃんは少しずつ自分の意見を持つため、素直に大人の言うことを聞かなくなります。用意した服を着てくれない、危険な道を歩こうとするなどわがままのようにも思える行動が増えますが、これは何でも自分でやってみたいという気持ちが芽生え始め、心が成長している証拠です。ママは思い通りに事が進まずイライラしてしまう時期ですが、温かく見守ってあげましょう。

(2)指先は器用に
絵本のページを自分でめくる、ブロックを積み上げるなど指先を使った動作が上手になります。道具を上手に使えるようになるため、食事の際は持ち手のついた食器やフォーク、スプーンを活用しましょう。

(3)沢山の言葉を覚え、中には話す子も
1歳7カ月は言葉を沢山覚える時期です。大人の会話を聞きながら身近な言葉を吸収していきます。動作や物を見ながら言葉を教えると単語を話し始める子もいます。ママが積極的に話しかけることで赤ちゃんの方からコミュニケーションを取ろうとする場合もあります。食事中や遊んでいる間に沢山声掛けをしてあげましょう。

1歳7カ月の赤ちゃんの生活面

1歳7カ月の赤ちゃんの生活面の状況は以下の通りです。

(1)食事
1歳7カ月に入るとほとんどの赤ちゃんが離乳食を終え、普通食を食べています。しかし、離乳食の終了時期には個人差があります。食べることにあまり興味を示さない子や普通食への移行により食欲を無くす子もいます。普通食への移行時期をはっきりと定めなくても良いので1日3回の食事タイムは確保しましょう。

(2)睡眠
1歳の子どもの平均睡眠時間は12〜14時間です。7〜8時の間に起床し、昼食後〜15時まではお昼寝の時間を作りましょう。就寝時刻は20時を目安にしてください。

早い子では1歳7カ月を過ぎたあたりから自我が芽生え、イヤイヤ期に突入する場合もあります。ママにとってはイライラしがちな時期ですが、お子さんの成長過程であるため気持ちをしっかりと受け止めてあげましょう。