生まれて初めて迎える1歳の誕生日は、特別ですよね。しっかりお祝いしたいですが、どんな誕生日にしようかお悩みの方におすすめのお祝い方法を紹介いたします。

定番のお誕生日祝い「一升餅」はいかが?

1歳児の誕生日祝いとして広く行われているのが、一升餅を風呂敷やリュックに入れて斜めに背負わせる儀式。地域によっては、一升餅を抱かせたり踏ませることもあります。一升餅とは、一升分のお米を使って作った約1.8?のお餅です。このお餅をかつぐことで、1歳までの成長を感謝するとともに、一生(一升)食べ物に困らないこと、一生(一升)健やかに暮らせることなどを願います。地域により様々な祝い方があるので、おじいちゃんやおばあちゃんに詳しい内容を聞いてみるとよいかもしれません。一升餅はネット通販などで購入できますよ。

1歳児になった記念を写真に残しましょう

人生で初めて迎える誕生日なので、1歳児になった記念を残したいですよね。多くの方が行っているお祝いが写真を撮ることです。もちろん、デジカメやスマホを使って自宅で撮影してもよいですが、写真館やフォトスタジオの利用もおすすめです。最近では、様々なシチュエーションで撮影してくれるところが増えているので、記念写真らしいものだけでなく自然な写真も撮影することができます。プロの手で家族おそろいの写真を撮影すれば一生の記念になるはずです。

手形や足形を残しておくとよい記念になる

写真以外でおすすめなのが、1歳児になった日の手形や足形を残しておくことです。手形や足形は、手や足に絵の具を塗って紙に押し付けることや粘土や石膏で型をとることなどで残せます。子供が成長してから見返すことができるので、親の愛情を伝える良い記念の品になります。手形や足形を写真と組み合わせて飾ってもかわいいです。1歳児の誕生日にぜひ残しておきたい記念です。

まとめ
1歳児の誕生日は、赤ちゃんが初めて迎える記念日。しっかりとお祝いしてあげましょう。様々な祝い方があるので、ライフスタイルに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。盛大にお祝いしたい方は、一升餅と記念写真、手形・足型などを組み合わせるとよいかもしれません。愛情が伝わるお祝いは、赤ちゃんにとって最高の贈り物になるでしょう。