子どもが2歳1カ月を迎えると、様々な変化を実感できるでしょう。中には成長が早すぎてついていけないと感じる方がいるかもしれません。ここでは、2歳1カ月の子どもの特徴を解説しています。接し方に悩むときの参考にしてください。

少しずつコミュニケーションがとれるように

2歳1カ月頃になると、少しずつ言葉でコミュニケーションをとれるようになります。まだまだ、自分の思いを的確に伝えることはできませんが、ママやパパの言っていることが理解できるようになってきます。ママの中には、育児が楽になってきたと感じている方がいるかもしれませんね。一方で、子どもの成長が遅いと悩んでいるママもいるはずです。心配になるかもしれませんが、言葉の成長は個人差が大きいといわれているので、この時期にほとんど話せなくても言っていることを理解しているようであれば基本的に心配ありません。子どもの成長をゆっくり見守ってみるとよいでしょう。

コミュニケーションをとれても思うようにはならない

言葉でコミュニケーションをとれるようになれば育児が楽になりそうですが、実際はそうとはいい切れません。2歳1カ月頃の子どもは第一次反抗期に当たります。自分で考えて何かをしたいという意思を持ちだす頃なので、何を言ってもイヤということが多くなります。また、できそうにないことでも自分でやりたがることも多くなります。単なるわがままに見えてしまいますが、これらの行動は自分の考えや意思を持ち始めた証拠です。ママやパパからすると面倒ですが、成長の証なので喜ぶべき出来事です。忙しいときは別として、子どもの思いを実現できる機会をできるだけ多く作ってあげましょう。

運動能力の成長をしっかり実感しやすい時期

身体の成長に目を向けてみると、2歳1カ月頃は成長を強く実感しやすい時期といわれています。ついこの間までよちよち歩いていたはずが、いつのまにか元気に走り回っている、地面にしゃがんで遊んでいる、階段を上っている、ボールを蹴っていることなどがあるのです。運動能力が飛躍的に高まる時期なので、ママやパパの予想を超えた行動で成長を伝えてくれます。変化に富んだうれしい時期ですが、油断していると知らない間に遠くまで行ってしまうことがあります。また、まだまだ身体をうまく使いこなせないのでバランスを崩し、ころぶこともあります。トラブルにつながりやすい時期でもあるので、外出時などは目を離さないようにしましょう。

まとめ
子どもが2歳1カ月頃になると、少しずつ言葉を理解するようになります。同時に、第一次反抗期に入るので思うように言うことを聞いてくれません。イライラするかもしれませんが、これも子どもの成長です。おおらかな気持ちで見守るよう心がけましょう。身体の成長では運動能力が飛躍的に高まります。予想を超えた行動をする時期なので、外出時などは目を離さないようにしましょう。