2歳になると記憶力が向上するため、絵本を使った遊びがオススメです。絵本を通して新しい言葉を覚えたり悲しい、嬉しいといった感情を知るなど様々な経験ができます。ここでは、絵本を使って2歳児の成長を促すコツをご説明します。

2歳児に絵本をオススメする理由

2歳児頃の脳は著しく発達し記憶力が向上するため、さらに絵本が楽しめるようになります。絵本に出てくる登場人物を覚えられるようになったり、お気に入りの絵本が出来たり、さらには絵本を通してどんどん言葉を覚えるようになります。2歳児は「言葉の爆発期」と呼ばれるほど、言語能力が発達します。絵本は言葉を覚えるのに最適の道具なのです。

好奇心を刺激する絵本を選ぼう

2歳児になると「なぜ?」「どうして?」と何にでも興味を持って聞いてきます。絵本を選ぶ際も、子どもの好奇心を刺激する内容の本を選びましょう。子どもに問いかけるなぞなぞ形式の絵本や、シンプルなストーリーの絵本がオススメです。また、子どもが好きな遊びや動物が出てくる絵本など、普段から興味のあるものが出てくる絵本も良いかもしれません。絵本選びに迷う時は、絵本の内容に限らず年齢別で紹介されているものを選びましょう。

2歳児に人気の本

・うしろにいるのだあれ
・いやだいやだ
・あめ ぽぽぽ
・ねないこ だれだ
・ブルくんとねずみくん
・おでかけのまえに
・あおくんときいろちゃん
・まっくろネリノ

どんな時に絵本を読ませたらいい?

2歳児はまだ一人で絵本を読むには早過ぎる子もいます。お母さんが読み聞かせをしてあげないと興味を持てない、長い時間は集中力が続かないケースもあり、工夫が必要です。以下のポイントを参考に、楽しみながら絵本に触れる機会を作ってあげましょう。

1.寝る前
寝る前の読み聞かせは、寝かしつけにも効果があります。子どもが気に入っている絵本があれば、同じものを毎日読んであげましょう。何度も読んでいるうちに、自然と言葉を覚えていきます。

2.外出先でぐずった時
2歳児になると家族でお出かけをする機会も増えますが、外出先でぐずり出すと止まらないということがあります。そんな時は、座れる場所で絵本を読み聞かせると注意がそれて落ち着くことがあります。機嫌が悪い時はすぐに飽きてしまうこともあるので、持ち運びタイプの小さな絵本を何冊か常備しておくと良いでしょう。

3.絵本の読み聞かせイベントに参加する
絵本にあまり興味を示さない子どもは、読み聞かせイベントに参加させてみましょう。同じ年頃の子ども達と一緒に集まったり、プロの読み聞かせを体験したりすることで普段とは違った楽しみがあります。絵本そのものには興味が無くても、言葉に触れる機会を増やす事が大切です。

まとめ
2歳児にとって、絵本は言葉の発達や精神面の成長にオススメの遊び道具です。無理に絵本を読ませる必要はありませんが、興味が持てるよう工夫してみましょう。じっと静かに座ることを覚える訓練にもなります。絵本を通して、お母さんも子どもとゆっくり触れ合える時間を作りましょう。