心や体が急成長していく3歳児。発達を支えるうえで重要なカギとなるのが、「遊び」です。では、どのような遊びが3歳児の心と体の発達に効果的なのでしょうか。今回は、3歳児におすすめの外で行う遊びと室内で行う遊びを紹介します。

3歳児に見られる発達

3歳児におすすめの遊びを見ていく前に、3歳とはどのような時期なのでしょうか。3歳になると、次のような特徴が見られます。

□知っている語彙が増加し、接続詞や助詞などを使って長い会話もできるようになる
□様々なものに興味を持ち「なんで?」「どうして?」と質問することが多くなる
□身近な人の気持ちがわかり、自分の感情を言葉で表すことができるようになる
□バランス感覚が高まり、片足立ちやつま先立ち、平均台の上を歩くことができるようになる
□手先も器用になり、折り紙を半分に折ったりハサミを上手に使ったりできるようになる

また、遊びに関しては、

□友達と一緒に遊ぶようになる
□おもちゃの貸し借りができる
□おもちゃなどを使う順番が待てるようになる
□ごっこ遊びが増える

という特徴が見られます。

外でいっぱい遊んで健康な体作り

3歳児にはどのような遊びをさせると良いでしょうか。まず、外での遊びについて見ていきましょう。外でたくさん体を動かして遊ぶことは、健康な体をつくり子どもの運動能力を高めるうえで効果的です。

3歳児におすすめの外での遊びは以下の通りです。

□ボール遊び
□公園でブランコや鉄棒などの遊具を使って遊ぶ
□追いかけっこ
□シャボン玉
□散歩して自然に触れたり、その季節の木の実や落ち葉などを集めたりする
□三輪車やペダルなし自転車

また、公園など外で遊ぶと、同じ年齢くらいの子と出会うこともでき、人と関わる能力が養われるメリットがあります。晴れた日はぜひ外で思いっきり遊ばせましょう。

室内の遊びで心と体の発達を

次は室内での遊びについてです。雨などで外に出られない日には、室内で社会性や手先の器用さを養う遊びをして、子どもの心と体の発達をサポートしましょう。

3歳児におすすめの室内遊びは以下の通りです。

□お店やさんごっこなどのごっこ遊び
□パズル
□宝さがし
□ジェスチャーゲーム

また、室内でじっとしていると子供はストレスが溜まるので、たまにはダンスや体操など体を動かす遊びも取り入れると良いでしょう。

遊びは、子どもの体や心の発達のためにとても大切なものです。晴れた日には外で体を動かし、天気の悪い日は室内で一緒にたくさん遊んであげましょう。