3歳児健診は子どもが順調に成長しているかを確認できる貴重な場です。今回は3歳児健診の情報を紹介したいと思います。

3歳児健診とは?

3歳児健診は満3歳を超え、満4歳に満たない子どもを対象にした検査です。お子さんが保育園や幼稚園などに入園する前に公費で受けられるのが3歳児健診の特徴です。3歳児健診を受ける場合には自己負担はありません。
一般的な視力検査や歯の検査、尿検査はもちろんのこと、今後集団生活をしていく上で大切な、社会への対応力や適応力の検査も実施します。言葉の発達具合や、基本的な動きができるかといった行動力の確認など健康以外の面もチェックする項目もあります。

3歳になると手先が上手に使えるようになりますから、1人で靴を履いたり、鉛筆などでお絵描きができるようになります。このように3歳児がきちんと成長しているか、などの確認の意味も含めて3歳児健診は受けておいたほうがいいでしょう。

健診は基本的に各都道府県の市町村の保健所や、健康センターを使用して集団で行われています。事前に役所や役場から受診案内の通知が届きます。 強制ではないため、なかには受診しない家庭もありますが、お子さんの成長具合を確かめる貴重な場でもありますから、極力3歳児健診は受けましょう。また、未受診の場合には自治体から連絡が入る可能性もあります。

子どもの育児に関する悩み、不安も3歳児健診では相談可能

育児をしていると、どうしても子育ての仕方や子どもの成長具合、発達具合が気になる時があります。そんなママ特有の悩みも、健診では相談できます。3歳児健診の中で行われる検査のひとつに問診があります。
問診は子どもに対していくつかの質問をしたり、片足立ちやジャンプといった簡単な行動ができるかを確認し、前途の社会への適応力などの自立に向けての成長がしっかりと行われているかの検査です。

もちろん各市町村により、多少のチェック方法の違いはありますが、成長力の確認という意味では共通となります。この場で、普段子どもと接していて、ママさんが他の子と比べ少し成長度合いに疑問を感じていることや、子育ての正しい方法を保健師や相談員に相談することが可能です。

このようなことから、子どもにとっても大切な検査ではありますが、ママさんにとっても自分の子育て方法が正しいかどうかがわかるチャンスとなりますので、子育てについて不明な点がある場合には積極的に相談をしてみましょう。

3歳児健診でもし異常が見つかった場合には?

3歳児健診を受けて全員が異常なしであれば嬉しいものですが、残念ながら体のどこかに異常を抱えてしまっていたり、発達具合で致命的な成長の遅れが見つかってしまったというケースもありますよね。

このような場合には、より精密な検査を行うことが可能な医療センターを紹介されるため、今後はその指定された病院や医療センターにおいて詳しく検査を行うことになります。

症状が軽い場合、ひとまず経過観察という診断になりますが、本格的に治療をしたい場合は、病院に通うことをおすすめします。視力や身体的な問題において治療で改善できる場合は、この時期に治しておくと将来的にも子どもが楽になることが多いため、改善できる問題は早期の治療がお勧めです。

異常の早期発見という意味でも3歳児健診は大切

今回は3歳児健診についての情報を紹介しましたが、普段子どもを近くで見ていて異常がなさそうだなと感じた場合でも健診で詳しく調べてもらうと、異常が見つかるケースもあります。
3歳という早い時期に異常が見つかることにより、病院で治療をして改善できるケースもあります。