3歳になると細かい作業が可能になると共に情緒が安定するため、様々な製作ができるようになります。製作では集中力や表現力を養うことができます。運動とのバランスを考慮して生活に取り入れましょう。今回は、3歳児におすすめの製作について解説します。

自分でやりたがる子どもが多い

3歳児は何でも自分でやりたがることが多く、1人で遊ぶ時間が増えます。1人遊びにより集中力を養えます。遊び相手がいないために仕方なく1人で遊んでいる訳ではないので遠くから見守ってあげましょう。集中力が高まるとで、細かい作業が必要な製作にも挑戦できます。作り方を教えながら一緒に製作を楽しみ、次回からは1人で作らせましょう。1人で製作できることで自信を持たせることができ、他の製作にも挑戦したくなるでしょう。

工具を器用に扱えるようになる

製作に使用するハサミやのり、テープなど様々なものの使い方を覚えます。ハサミは特に使い方が難しいものであるため、不要な紙を与えてあらかじめ練習させておきましょう。クレヨンや色鉛筆、クーピーなどを使う練習を始めましょう。最初は円や四角形などしか描けない子どもが多いですが、次第に犬や猫など身近な動物や物の形をかたどれるようになります。

画用紙に好きな絵を描き、ランダムにカットしてパズルを作りましょう。パズルの切れ目をよく観察することで、洞察力を鍛えられます。

粘土や紙コップを使う製作

粘土は何度でもやり直しできるため、3歳児の製作におすすめです。自由自在に変形させられるため、表現力を養うことができます。樹脂粘土は乾燥させるとプラスチックと同程度の強度になるため、製作したものを記念に残せます。

紙コップで糸電話を作りましょう。コップの底にテープで糸を留めて2つのコップを繋げるだけで作れるので、製作の楽しさを教えるのには最適なアイデアだといえます。紙コップをひたすら積み上げていき、どこまで高いタワーを作れるか競争するのもおすすめです。競争心と集中力、考える力を鍛えることができます。

作ったものを見て欲しいと話かけてきた場合は、必ず見て褒めてあげましょう。製作が更に好きになり、子どもの成長を促すことができます。

<まとめ>
3歳になると、1人で集中して遊ぶ時間が増えます。最初は一緒に製作し、作り方を教えましょう。1人で製作をしているときは話しかけず、完成したものを見て欲しいと胃ってきたときには見て褒めてあげましょう。