3歳児へ贈る誕生日プレゼントは、子どもが楽しめるものを選びましょう。誕生日の特別感を伝えるために、普段接していないものを選んでみてはいかがでしょうか。今回は、3歳児に贈る誕生日プレゼントの選び方についてご説明します。

誕生日プレゼントの選び方

子どもの成長には個人差があるため、現在できることとできないことを把握する必要があります。対象年齢3歳以上のおもちゃを与えても、楽しめない場合がありますので、次の項目を重点的に観察しましょう。

(1)言葉の理解度
言葉を理解していれば、喋るおもちゃを候補に挙げられます。おもちゃが一方的に話すのではなく、子どもが言葉を発することで動くものを選びましょう。一方的なコミュニケーションでは、心の成長を促せません。

(2)運動能力
運動が苦手な場合は、室内で遊べるおもちゃが喜ばれます。運動が苦手でも屋外で活発に遊ぶ子どもであれば、屋外で使えるおもちゃが喜ばれるでしょう。

(3)好きな遊び
子どもの性格により、屋外と室内のどちらで遊ぶことが楽しいのかが異なります。室内遊びが好きな子どもに室外で使用するおもちゃを与えると、それをきっかけに外での遊びが好きになるかもしれません。

想像力を高めるおもちゃ

3歳児は、車や動物などに見立てて物を重ねるような、想像力を必要とする遊びに熱中します。積み木やレゴブロックなどを与えましょう。人物や動物になりきる「おままごとセット」や、アニメのキャラクターの変身グッズなども想像力を高めます。

指先を使うおもちゃ

3歳になると細かい作業をできる子どもが多いです。認識能力を高めるために、同じ形のパーツを組み合わせるおもちゃを贈りましょう。「青と赤」「黄と緑」などテーマを与えて適切なパーツを組み合わせていくおもちゃがおすすめです。

絵本を好む子どもが多い

3歳になると保育園や幼稚園に通うことになります。保育園や幼稚園では絵本を読み聞かせることが多いため、絵本に興味を持つ子どもが増えます。好きな動物や電車、車などがイラストで紹介されている絵本がおすすめです。理解力が高くなり、ストーリー性がある絵本も読めるようになります。

<まとめ>
自宅にあるおもちゃとは全く違う遊び方ができるものを贈ってみましょう。子どもに新しい遊びに挑戦させることで、心と身体の発達を促すことができます。あまり外で遊ばない子どもには、屋外で使える自転車やフラフープなどを贈ると外で遊ぶきっかけになるかもしれません。