6歳児頃になると大人の歯である臼歯が生えてきます。これから一生使い続ける歯なので、ケアには十分なケアが必要です。具体的に、どうケアすればよいのでしょうか。ここでは、6歳児に臼歯が生えたときに気を付けたいポイントを解説します。

初めて生える大人の歯「6歳臼歯」

6歳児頃になると初めての大人の歯が生えてきます。この歯のことを6歳臼歯、あるいは第1大臼歯と呼んでいます。6歳臼歯は噛む力が特に強い重要な歯です。また、この歯を基準にかみ合わせが決まる点でも重要です。6歳臼歯が生えてきたらしっかりケアしましょう。

6歳臼歯が生えてきても気づきにくい

6歳臼歯が生えてくる場所は、乳歯の奥歯の後ろです。大人の歯は乳歯が抜けてから生えかわるものだと思われがちなので、乳歯と勘違いされることが少なくありません。また、生え始めは背が低いため、乳歯に隠れて気づかないこともあります。これらの理由から、6歳臼歯は虫歯になりやすいと考えられています。

6歳児のセルフケアだけだと不十分かも

6歳児になると自分で歯磨きをできる子どもが増えてきます。これ自体は素晴らしいことですが、やはり子どもなので磨き残しが生じやすいといわれています。特に、6歳臼歯の生え始めは歯の段差が大きいので磨き残しが目立ちます。ママやパパが6歳臼歯に気づかず、6歳児のセルフケアだけに頼っていると大切な大人の歯が虫歯になってしまうかもしれません。生えたばかりの6歳臼歯は脆く虫歯になりやすいので丁寧にケアしましょう。

6歳児の歯磨きを家族でサポートしましょう

6歳臼歯が生えてくると歯磨きが難しくなります。歯磨き自体は子どもに任せて構いませんが、歯磨きのポイントを教える、仕上げのチェックをするなど、磨き残しがないように家族でサポートしてあげましょう。6歳臼歯はかみ合わせ面の凸凹が大きいので、小さめの歯ブラシを表面に当てて小刻みにブラッシングするときれいに磨けます。難しいときは、歯医者さんで歯磨き指導を受けてもよいでしょう。

まとめ
6歳児頃になると、初めての大人の歯である6歳臼歯が生えてきます。乳歯の奥歯の後ろに生えるので気づかないことが多いです。子どもにケアを任せていると虫歯になることが多いので、ママやパパがサポートをしてあげましょう。わからないときは歯医者さんに相談してみましょう。