生後2カ月になると、赤ちゃんは生まれた時の体重の約2倍になります。毎日いろんな表情を見せてくれる赤ちゃんを見ていると癒され、その成長を嬉しく感じますよ。今回は、生後2カ月の赤ちゃんに見られる特徴とこの時期に行うと良いことについて解説します。

生後2カ月の赤ちゃんに見られる特徴

赤ちゃんは生まれてから1日25〜30g程度ずつ成長していき、生後2カ月頃には4.4〜7.2kgになります。この時期の赤ちゃんには次のような成長が見られます。
□表情が豊かになり、泣き方のバリエーションが増える
□動くものを目で追う
□筋肉が発達してきて、うつぶせの状態から頭を持ち上げようとする
□「あー」「うー」などと声を出すようになる
□音に反応するようになる
□よだれが増える
□腸内にうんちを溜められるようになり、排便の回数が減る
□一度に飲める母乳の量が増えるため、授乳の回数が減る

生活リズムを整えよう

生まれたころはほとんど眠ってばかりだった赤ちゃんも、生後2カ月頃になると起きている時間が長くなってきて、少しずつ昼と夜の違いがわかるようになってきます。生後2カ月になったら、赤ちゃんの生活リズムが整いやすいように工夫をしてあげましょう。

赤ちゃんの生活リズムを整えるためには、光を上手に利用すると良いでしょう。朝になったらカーテンやブラインドを開けて日光を浴びさせ、日中は外を散歩したり一緒に遊んで活動的に過ごしましょう。夜は電気とテレビを消して、部屋を暗く静かにして落ち着いて眠れる環境を作ってあげましょう。お風呂に入れる時間や散歩する時間なども毎日同じ時間にすると、1日のリズムが整いやすいためおすすめです。

生後2カ月になったら予防接種の予定を決めよう

生後2カ月になったら、予防接種を受けられるようになります。予防接種には国が薦めている定期接種と任意接種があり、1歳になるまでに受けるべき定期接種には、
□BCG
□DPT(三種混合ワクチン)
□ポリオ
□Hib
□肺炎球菌
があります。この他にも任意接種のものもあるので、赤ちゃんのために必要な予防接種を選び、接種日を決めましょう。また、赤ちゃんは体調が変化しやすいため、予防接種のスケジュールを組んでいてもその予定通りにいかないことも珍しくありません。そのようなことがあっても焦らずに、病院と相談してスケジュールを再度組んでください。

生後2カ月の赤ちゃんは視力、聴力などがどんどん発達していき、様々な成長が見られます。授乳や睡眠の感覚が長くなってきて、昼と夜の違いがわかるようにもなってきます。赤ちゃんが生活リズムを整えられるように、お母さんも協力してあげてください。また、生後2カ月になったら、赤ちゃんを病気から守るための予防接種も検討しましょう。