1歳8カ月の赤ちゃんは体重が10kgを超える子がほとんどです。腕や足の力が強くなり、今まで開けられなかったドアを一人で開けられるようになるなど行動範囲も一気に広がります。今回は1歳8カ月の赤ちゃんの発育状況について解説します。

1歳8カ月の赤ちゃんの身長と体重

平成22年に厚生労働省によって行われた乳幼児身体発育調査で発表された1歳8カ月の赤ちゃんの標準的な身長と体重は以下の通りです。

(1)身長
男の子:82.4cm
女の子:81.1cm

(2)体重
男の子:10.72kg
女の子:10.09kg

赤ちゃんの成長は両親の体型が深く関わっているほか、出生時の大きさや運動量にも左右されます。上記の数値はあくまでも目安であるため、あまり神経質になる必要はないでしょう。

1歳8カ月の赤ちゃんの発達状況

1歳8カ月の赤ちゃんの発達状況は以下の通りです。

(1)ママの真似をしたがる
おままごとを好む、掃除機をかける真似をするなどママが日常的に行っていることを真似したがります。ママがトイレに行こうとすると「おしっこ?」と聞いてくる子もいます。

(2)力が強くなる
1歳8カ月を過ぎると腕や足の力が強くなります。今まで開けられなかったドアが開けられるようになる、中身の入った瓶やペットボトルを持ち上げる、長い階段の上り下りができるようになるなど成長を感じる場面が多くなります。家電製品やテーブルなどを動かせるようになる子もいるため、ケガをしないよう注意が必要です。

(3)歌に合わせて声を出す
音感が発達してくるため、歌番組を見ていると流れる歌に合わせて声を出す子や、身体を動かして踊りだす子もいます。ママが歌を沢山歌ってあげることで赤ちゃんは口を見てどのように発声しているのかを覚えていきます。何度も歌うとそのうち自分で歌えるようになります。様々な曲を教えてあげましょう。

1歳8カ月の赤ちゃんの生活面

1歳8カ月の赤ちゃんの生活面の状況は以下の通りです。

(1)食事
1日3回の食事に加え、おやつタイムを設けてあげましょう。まだ大人のようにしっかりと咀嚼できないため、硬い物や喉に詰まりそうな物は避けてください。普通食に慣れてくる時期のため、味付けに気を付ければ大人の食事からの取り分けも可能です。食事の際には自分で食べたいという意志が強く、大人が食べさせようとしても拒否する場合もあります。上手に食べられなくてもスプーンやフォークを渡して自分で食べさせてあげましょう。

(2)睡眠
1歳8カ月に入ると1日に必要な睡眠時間が10〜12時間になります。お昼寝は必要ですが、寝すぎには注意が必要です。2時間以内で済ませるように心がけましょう。力が強くなり、行動範囲も広がるため、日中遊ぶ時間を増やして適度に疲れさせてあげると夜に良く寝てくれます。

1歳8カ月を過ぎると行動範囲が増え、これまで予想していなかったことをし始める子もいます。ケガをしないよう十分に注意しましょう。