3歳になると身体の発達具合が子どもによって大きく異なるため、「身長は順調に伸びているのかな?」など不安になるママも多いのではないでしょうか。今回はそんなママのために3歳児の身長に関する情報を中心に紹介したいと思います。

3歳児の平均的な身長とは?

3歳になると自分の意見を言ったり、笑う、怒るなどの感情表現が豊かになります。またトイレも一人で行くようになり、オムツがとれている子も多いのが3歳児の特徴です。身体的な成長という意味では、成長スピードが緩やかになるのもこの時期となります。具体的には、体重よりも身長のほうが伸び率は高いです。

そして育児に励むママの中で気になるのは、子どもが一般的な3歳児と同じように成長をしているか、だと思います。『うちの子の身長が少し低いように感じるけど大丈夫なのかな?』と疑問に感じるママもいるでしょう。

このように感じた場合に、まず3歳児の平均的な身長と比べてみるのがおすすめです。男の子と女の子では平均的な身長が変わりますが、3歳児の男の子の平均身長は93cmとなっています。これは3歳0カ月の時点での平均身長となっており、女の子は92.2cmが平均的な身長です。

平均身長よりも低い場合はどうすればいいの?

子どもの身長が平均よりも低くて心配になるといったママもいるかと思いますが、一般的に同じ3歳児であっても、成長スピードの違いや運動をどれほどしているかなどの違いにより、身長差というのはどうしてもでてきます。また、遺伝の面でもママ、パパの身長が低いと影響を受けることがあるため、極端に平均的な身長よりも低くなければ特に問題はありません。

ただ、平均身長よりも約7cm低い場合には医学的に低身長と診断されることがあり、この場合には治療が必要になる可能性があるため、一度小児科などに相談されることをおすすめします。この約7cmは男の子、女の子共通です。

低身長になる原因とは?

低身長になる原因は色々と考えられますが、大部分は突発性低身長といって原因がはっきりとしないケースです。ちなみにこの突発性低身長には前途の両親からの遺伝の部分も含まれており、この他では原発性低身長などの生活環境やストレスで影響を受けることもあります。

また、成長ホルモン分泌不全症にかかると、成長ホルモンが正常に分泌されなくなるため、低身長になる可能性が高くなります。この場合は、体内に不足している成長ホルモンを注射などで補うことにより、改善されるケースが多いです。

食事や睡眠にも気を使い身長の悩みを改善しよう

今回は3歳児の平均身長を中心に紹介しましたが、もしお子さんの身長が伸びずに悩まれている時は普段の生活、特に食事面や睡眠などにも気を使ってみましょう。

食事に関して、良質なタンパク質を摂取することで、骨が成長するため身長が伸びやすい環境が体の中で出来てきます。また、この段階でカルシウムを豊富に摂取しておくことで骨の成長と共に、骨を頑丈にすることが可能です。身長を伸ばすには骨の成長が大切となるだけに、普段の食生活の中でしっかりと豊富なタンパク質を摂取できるようなメニューを作ってあげましょう。

睡眠に関しても、浅い眠りではなく、ノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りが成長ホルモンを正常に分泌するカギとなります。昼間に外遊びなどで体をしっかりと動かして夜ぐっすりと眠れる環境にしましょう。