3歳頃になると他人に興味をもちだし、少しずつ一緒に遊べるようになってきます。ごっこ遊びや積み木を高く積むなど高度なこともできるようになる反面、遊びの危険度も増してきます。どのようなおもちゃを選ぶのが良いのか考えてみましょう。

3歳児におすすめのおもちゃってどんな物?

3歳になると「自分でしたい」「できる」という思いが強くなります。その気持ちを大切に、おもちゃを選んであげましょう。
「できた」と実感できれば自信に繋がり、次へのステップになります。この時期は様々なことを吸収し学べる時期なので、成長に合わせたおもちゃを渡すことが大切になってきます。

手先が器用になりボタンの取り外しができるようになるなど、指先で何かをするということができるようになります。指先を使うおもちゃは脳への刺激も多く良いとされています。

子どもは五感を使って色々なものを見たり触ったりし、脳にデータを蓄積します。子どもの発達に合ったおもちゃは、成長を促す効果があるといわれています。

3歳児にぴったりなおもちゃとしては、キレイな模様のあるものや立体的なもの、社会性やコミニケーション能力を上げられる他人と遊べるおもちゃが良いのではないでしょうか。

3歳児がお友達や家族で楽しめるおもちゃ

?ルールを覚えられるボードゲーム
文字が大きく絵がカラフルでキレイなボードゲームなどがおすすめです。子どもの目から見ても簡単でルールが少しずつ分かってくるとお友達とも遊べます。

サイコロを振る楽しさから繰り返し遊んでいると、最初は読めなかった数にも興味をもちだしてくれます。子どもはサイコロを振ったり何かを転がすということが大好きですし、好奇心も育ちます。遊びの中に学びを入れられるボードゲームは自然に数字と文字に慣れるという利点もあります。

?ごっこ遊びができ、手先を使うおもちゃ
ごっこ遊びができるようになると周囲のお友達にも興味を持ち始めます。最初はパパママなどの家族に対し行うごっこ遊びですが、お友達といつの間にか仲良くしていたりします。ごっこ遊びは「遊びのおけいこ」「働く喜びのおけいこ」ともいわれており、成長していく上で、とても重要な遊びの一つでもあります。

男女関係なく音の出るものや叩いたり引っ張ったりするおもちゃは人気で、これはこう使う物と分かる年齢でもあります。

「お医者さん」の診察セットや「大工さん」の工具セットなど子どもは大好きです。身近で良く会うお医者さんのすることを真似して「よく見ているな〜」と親を感心させることも。

お人形さんをおんぶ帯で背負ったり抱っこしたがる「お手伝い」の時期もこの頃から始まります。「キッチンセット」を用意しては何かを作ってくれたりと、誰かに「何かをしてあげたい、している」という楽しみを覚えるおもちゃを子どもが選んだときは「早いかな?」と思わず与えてみても良いいでしょう。

?お人形遊びやシルバニアなどの少し小さなおもちゃ
抱っこできるお人形を赤ちゃんに見立ててお世話をしたり、小さな人形でおままごとをしたりと、「してして」だった時期を過ぎ自分がしてあげたいという感情が現れだします。小さなおもちゃを口に入れることがある場合は避けた方がいいですが、問題がなさそうであれば購入しても大丈夫です。

?自分で好きなパーツを組立て遊べるおもちゃ
積み木が高く詰めたり、横に広く並べ家を見立てて作るなど、自分で好きなようにパーツを組み立てていくこともできます。

ビー玉が転がるおもちゃなども人気で、落ちていくさまを真剣に見つめて、こうすればもっと楽しいかもと違う方向から転がしたりと工夫をします。

上から下へ転がる玉のおもちゃも長く遊べるのであっても損はないと思います。

プラレールなども最初は電車だけに興味があったのが、3歳になってくると線路を組立て走らせる、というレベルになってきます。最初は親に組み立ててとお願いするかもしれませんが、見ている間にいつしか自分でも組み立てられるようになります。

安全安心なおもちゃを選ぶことをおすすめします。

興味の幅が増えるのは良いことなのですが、一言で3歳児といっても、3歳と3歳半では遊びの内容も少し違いますし、遊び方も違います。勿論、その子にとって危険なおもちゃではないか、などの親の判断も大事になります。

?部品の小さなおもちゃで遊べるのか
3歳では口の中におもちゃを入れることがまだある場合もあります。個人差もありますが、その子の発達の年齢に合わせたおもちゃを見極めることも大切になります。それは危険防止の為です。小さなブロックなどを飲み込み大変な事になったなどの事例も聞きます。

?できずにカンシャクを起こしてしまう
挑戦する姿勢は大事ですが、年齢に合ってないおもちゃを早くから与えてしまい、遊びきれずに自信をなくしてしまう事もあります。カンシャクを起こしてしまう場合は、そっと隠して遊べる時期がくるまで保管してあげてください。

?親が必死にならない
親や祖父母が気に入り購入したおもちゃなどは、子どもに「こうするのよ」などと最初は教えているつもりでも、必死になってしまい強要してしまうときがあります。子どもは強要されると、そのおもちゃに対し嫌な思い出しかなくなることもあります。二度と触りたがらなくなることもありますので、自由に遊ばせてあげてください。

まとめ
3歳児のおもちゃは親が少し手を貸すだけで自分でできると自信に繋がるおもちゃの方が、子ども自身も楽しめます。ただ、部品が小さい商品や、角のとがったおもちゃも増えてきますので、遊ぶ際にはケガに注意です。