赤ちゃんの寝かしつけって大変ですよね。育児書に書いてあるとおりにやっても、何をしても寝てくれないとついイライラしてしまいます。ママも一日の疲れが出る夜、頑張り過ぎず肩の力を抜いて少しだけスマホアプリの力を借りて寝かしつけしてみてはいかが。

リラックスした雰囲気で

生まれて3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、昼夜の区別がついていません。また低月齢の赤ちゃんは、眠りが浅くちょっとした物音でも目を覚ましてしまうことがあります。

お腹もいっぱいでおむつも替えて特に具合が悪そうな訳でもないのに寝てくれないとママが早く寝て欲しいと焦ったりイライラしたり。寝かせようと一生懸命になると余計に寝てくれなかったりもするので、ママが深呼吸してゆったりリラックスした雰囲気をつくってあげて。

スマホアプリ「私の赤ちゃん オルゴール(子守唄)」は、優しいオルゴールの音色。クラシックや童謡などの美しいメロディーがイライラした気持ちを落ち着かせ、寝かしつけの手助けをしてくれるかもしれませんよ。

■ダウンロード

iOS私の赤ちゃん オルゴール
Android私の赤ちゃん オルゴール

寝室を心地よく

眠れる環境づくりも大切です。寝室の室温は20℃前後に、適度な湿度がある状態がベスト。なるべく寝室は暗くした方が眠りやすくなります。テレビの音や光も気になるものなので消しておきましょう。

スマホの光も刺激になりますが「私の赤ちゃん オルゴール(子守唄)」なら音などの設定をした後は、明るさを落とした星空のスクリーンセーバーになるので赤ちゃんのすぐ側に置かなければ気にならない程度。設定するときの画面は赤ちゃんに見せない様にしてくださいね。

またエアコンなどをつけっぱなしにすると乾燥して、のどが痛くなったり、ウイルスを増加させる原因にもなるので、眠る1時間位前から利用して部屋の温度を調節し眠る時間には適温になっている状態にしておくといいですよ。

入眠儀式

入眠儀式とは、これをしたら寝るという毎日の習慣のこと。できるだけ毎日同じ人が同じ習慣をしてあげることで、自然に眠くなるように促すことができると言われています。

夜になったら寝室へ移動して「私の赤ちゃん オルゴール(子守唄)」を流してあげるだけでも入眠儀式になりますよ。心地よいオルゴール音と一緒にママが子守唄を歌ってあげたり、絵本を読んであげたり、添い寝でトントンしてもいいですね。

眉間を指で優しくなでてあげると自然とまぶたが閉じて眠くなる子や体のどこかをさわっていると安心して眠る子もいますよ。自分と赤ちゃんに合った入眠方法を探ってみてくださいね。

少し大きくなったら

8ヶ月を過ぎた赤ちゃんは知恵が付いてきているので、遊び出したときかまってしまうと遊び続け寝てくれないことがあります。そんなときは、ママが寝たふりをしてみて。隣でぐっすり眠っているママを見ているとつられて眠くなり、寝ても一人にならない安心感から眠ってくれます。

「私の赤ちゃん オルゴール(子守唄)」には、自動停止、10分単位、無制限とタイマーもセットできるので、もし一緒に眠ってしまっても大丈夫ですよ。

また新しい寝かしつけ方に変えたとき、赤ちゃんが慣れるまでには1週間位かかります。泣かれるからと次々にいろいろな方法を試すのではなく、少し様子を見ることも必要です。

■ダウンロード

iOS私の赤ちゃん オルゴール
Android私の赤ちゃん オルゴール