『1日お母さん大学』開校

全労済本部普及推進部では、『孤育てを無くす』活動を行うお母さん大学が発行している教科書「お母さん業界新聞」の無料配布を、2016年9月〜2017年2月まで行っています。

全労済では、11月8日(火)に食育のための「みそまる」のワークショップと、子育て講演会を行うイベント『1日お母さん大学』を開催。抽選で50名を招待します。

お母さん大学とは?

2008年春に開校したお母さん大学とは、キャンパスは家庭で先生は子ども、学費は年間3,000円。

自らペンを持ち、お母さん業界新聞をテキストに日々の子育ての中での発見や感動、喜びや悩みをそのまま、ブログやSNSで発信する活動を行うことで、多くのお母さんたちの共感(響感)を生み、連鎖していきます。

一人ひとりのお母さんの心の中にあって、カタチのない学びの場であるお母さん大学は、お母さんの心を学ぶ大学なのです。

『1日お母さん大学』概要

11月8日(火)10:00〜13:00、全労済静岡県本部にて抽選で50名様を無料招待します。10月24日(月)までに全労済ホームページより申し込んでください。

お母さん大学代表藤本 裕子氏の講演や、参加者で「みそまる」を作るワークショップなど楽しい内容となっています。みそまるで作ったみそ汁とおにぎりを食べながら、母親同士で情報交換の場も設けています。

全労済ホームページ

お母さん大学