Facebookやツイッターの活用も図る

10月5日に、埼玉県が、埼玉高速鉄道(埼玉スタジアム線)沿線の子育てに関する情報が豊富に掲載されたウェブサイトを開設しました。

また、ウェブサイトだけでなく、Facebookやツイッターの活用により、沿線で暮らしている人々から、地域の良さや楽しさといったものが感じられる情報を集め、それを「埼玉スタ線魅力発信隊」として紹介します。

タウンガイドなど多様なコンテンツが掲載されている

今回作成されたウェブサイトは、大きく分類して四種類のページに分かれており、それぞれ「便利なまちのタウンガイド」「子育てにやさしいまちの行政サービス」「埼玉高速鉄道(埼玉スタジアム線)沿線のライフスタイル」「アンケート」から構成されております。

同サイトのタイトルには「人につながる未来につながる都心に近い子育てのまち」と掲げられ、副題として「埼玉高速鉄道沿線での暮らしに寄り添う情報マガジン」という言葉が綴られており、内容を端的に表しています。

内容を見ていくとタウンガイドとして、浦和美園、東川口・戸塚安行・新井宿、鳩ヶ谷・南鳩ヶ谷・川口元郷のタウンガイドが掲載されており、行政サービスについては、さいたま市と川口市、埼玉県の行政サービスが広く掲載されています。

また、ライフスタイルのページは現在何も記載がありませんが、今後実際にそこで暮らしている人々の声を掲載する予定です。加えて、同サイトを閲覧した人に向けてのアンケートが備え付けられており、その結果を受けた改善が図られていきます。

参考サイト

埼玉県プレスリリース