ママが中心となるイベントの企画や運営などを行ってきた

千葉県松戸市にママ向けの活動しているNPO法人があります。代表者は山田美和氏で、団体名を「MamaCan」と言います。

NPO法人として設立されたのは2013年4月のこと。主にママ向けのイベントや講座の企画とその運営、松戸市で暮らすママ達から元気にしていくまちづくり活動を行っています。

その他、ママが提案する育児グッズなど育児関連商品の作成と販売、リユース推奨活動やボランティア活動を活動内容にしています。

11月には拠点が開設。これまで以上のサポートを行うことが可能になる

「MamaCan」という名称は、ママでも可能性は無限にあり、ママが楽しめる場所や輝ける場所を自分達の手で作っていこうという想いから名付けられています。

これまでは、主に「ママCanフェスタ」といったイベントや講座、セミナーを開催してきた他、行政や他のNPO法人、市民活動団体とコラボレーションしたイベントを行ってきただけでなく、ベビー用品や子供用品のリユース推奨活動や「古着でワクチン」といったボランティア活動を行ってきました。

また、今年の11月には、松戸市内の市民活動団体「CHIEの輪」、「一時保育らくがきクラブ」の二団体とともに、同市内において古民家を新たな活動拠点「ホームシェアco-no-mi(このみ)」を開設し、それぞれの団体がこれまで行ってきた活動を糧としたママや子供などに対する「個育て」の場を提供開始します。

MamaCanによるママ達との関係性はこれまでイベントや活動を通してのものが中心であり、それはその時その時の一時的なものであることが多く、継続的なサポートは難しいものがありました。

しかし、今後は、今回開設する拠点を集いの場とした継続的なサポートが可能になります。平日は、ママ達がそれぞれの特技を活かした講座の開催や、シェアオフィススペースという仕事の場の提供、くつろぎの時間を提供していく予定。

また、休日には同施設にある広い庭を利用した家族で楽しめるイベントを企画していく予定で、大人と子供達とが出会う場として運営していく計画です。

MamaCan