代表自らセブに移住し効果を体験

外国人のいる環境で子供を育てたいなどの理由から、英語環境で預かる保育園、いわゆるプリスクールの需要は年々高まりを見せています。しかし問題は費用の面。

株式会社留学情報館は10月16日(日)、セブ島「赤ちゃん留学・報告会」を開催します。セブ島のプリスクールやインターナショナルスクールなどに自身の子どもを通わせた経験など、早期英語教育に関心の高い保護者層を対象とし、「赤ちゃん留学」の魅力を広く知ってもらうのが目的です。

恵まれた英語環境

国内でプリスクールを利用するには、年間約100万円〜200万円という高額な学費がかかるのが一般的で、一部の富裕層しか利用することが難しい現状。

そこで同社はセブ島の富裕層や各国の駐在員の子供たちが通うプリスクールに注目したところ、フィリピンは英語が公用語で、物価も安いうえに日本の約10分の1〜3分の1の費用(年間約10万〜30万円)で子供をプリスクールに通わせることが可能であるのがわかりました。

日本人はほとんどいないため、日本人の子供同士で固まってしまうという心配もなく、英語環境にしっかりと浸ることができます。

セブ島「赤ちゃん留学・報告会」概要

10月16日(日)16:00〜17:15、留学情報館新宿オフィス/ROOM3にて、セブ島「赤ちゃん留学・報告会」を行います。申し込みは「1歳からの赤ちゃん留学」のホームページまで。

セブ島の実体験をメリット・デメリット含めて、報告会でシェアします。

1歳からの赤ちゃん留学

留学情報館