オリジナルブレンド「醍醐味米」で母乳不足解消

昨今、女性の母乳不足が顕在化してきていますが、腸内環境株式会社は、その原因は食にある点に着目し、醍醐味米に女性に必要な成分をもつ挽き割り大豆、黒米を独自配合し、母乳分泌の促進、ホルモン機能の向上を図る「ママ米」を開発、販売を開始したことを10月12日発表しました。

厚生労働省の「平成27年度 乳幼児栄養調査結果」では、母乳不足に関する悩みが最も多くなっています。

戦前の食生活を参考に

戦前の食生活では腸内環境が整っていたために、母乳も多量に分泌できていたと考えられています。

「ママ米」は5種類の天然素材を使い、ポリフェノール(アントシアニン・抗酸化作用)、レジスタントスターチの豊富な黒米、女性ホルモンに近い働きをするイソフラボン、オリゴ糖を豊富に含む挽き割り大豆を多く配合しました。

「ママ米」は主食として食べるだけで、当時の雑穀、豆、海草を中心に、食物繊維群やビタミン、ミネラルを豊富に摂取することができます。

原材料に米粒麦(大麦)・もみ発芽玄米・黒米・きざみ昆布・挽き割り大豆(黄金比率)を使用し、1袋(250g)600円(税別)で販売中。詳細はWebサイトを確認ください。

外部リンク

腸内環境株式会社