車の運転は子どものあこがれ。ドライブ中何もすることがないと寝てしまうか、騒ぎ始める子どもたち。Backseat Driver(バックシート・ドライバー)というアプリなら、子どもも一緒にドライブが楽しめるようになりますよ。

一緒にドライブ

今回ご紹介するアプリは、車が大好きな子だけではなくちょっと苦手な子も楽しめるバーチャルドライブができるアプリ。ドライブ中にアプリを起動するとGPSと連動して実際に走っている車のコースと同じコースを子どもも一緒に運転している気分になれます。

Backseat Driver(バックシート・ドライバー)は、トヨタがリリースしている同乗者用がドライブを楽しむためのアプリです。起動するとガレージに止まっている車が現れ現在地を取得、現在地が取得できたら「Drive!」ボタンを押すと走っている車と連動してドライブが始まります。

■ダウンロード:iOSBackseat Driver

子どもが夢中になる

乗っている本当の車はパパカーと呼ばれ、自分が操作する車はマイカーと呼ばれます。マイカーの運転は、スマホ本体を左右に傾けるだけ。画面の風景は実際の車の動きに合わせて変わります。信号で止まればマイカーも止まります。交通ルールを覚えることもできそうですね。

パパカーからいろいろなアイテムが路上に落とされるのでそれをゲットしながら進みます。ドライブエリアにあるお店もアイコンとなって登場、これを拾ってもポイントが加算されるようになっています。

ただ運転するだけでなく、ゲーム性があるから子どもも夢中になって遊んでくれますよ。

ゲットしたポイントでも遊べる

運転をしている気分になれるだけでも十分楽しめますが、道路を走って集めたポイントでマイカーをカスタマイズすることができて二倍楽しめますよ。

普通の車ではできないカスタマイズアイテムも用意されています。例えば、腕をつけたり、フロントマスクを犬の顔のようにしてみたり、色もカラフルに塗り替えることができます。子どもの想像力に任せたらどんな車ができあがるか楽しみですね。

ドライブ中のゲームは車酔いが心配になるかも知れません。体質にもよると思いますが、車に酔いやすい人でも自分の運転する車で酔うことはあまりないのと同じように、自分で動かしている感覚になれるので車酔いしづらいですよ。

無料なので、子どもが飽きてしまいそうなとき気軽に試せるのも嬉しいですね。車で行楽地へ行くなど長距離ドライブのお供にダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

■ダウンロード:iOSBackseat Driver