育休終了後の親子のために

12日、神戸市は育児休業を終了して復職する保護者を対象に、乳幼児の定期預かりを行う「KOBEはじめルーム(育休明け乳幼児の定期預かり)」を11月1日よりスタートさせると発表しました。

「保護者が育児休業から復職して仕事を始める、子どもが保育体験を始める」をコンセプトにした同事業。保育園などの保育施設で月曜から金曜まで、実施施設が定める保育標準時間(11時間)の範囲内で乳幼児を保育します。

11月からの利用は10月20日までの申し込みが必要

利用要件は、「育児休業の終了(1年又は1年6ヶ月)に伴い、復職しなければならない」「保育認定を受けたが、平成28年2月以降に入所保留通知を交付された」「利用(入所)希望する施設・事業所のほか、利用可能と見込まれる施設等に利用可能枠がなく、利用(入所)できない状況」のすべてを満たしている家庭です。

料金は1日2,400円x利用日数。まずは琵琶COCORO保育園、神戸元町ちどり保育園、たかとりちどり保育園、若宮保育園で実施されます。12月からは神戸住吉保育園でも行われる予定で、実施施設は今後も増えていくとのこと。申し込みおよび問い合わせは、各実施施設にて受け付けています。

外部リンク

神戸市 「KOBEはじめルーム」はじめます!