21世紀を担うこどもたちにどのような経験が大切か

アオバジャパン・インターナショナルスクールグループ(以下アオバ)の、アオバジャパン・バイリンガルプリスクール(以下AJB)は、10月22日(土)「子どもの自発的なスイッチを入れる接し方」と題する子育てトークイベントを実施します。

AJBとは2016年9月に新宿区に新規開校した、1歳から年長生までを対象に、日英バイリンガル教育を実践するプリスクールです。発達段階に応じたテーマによる「探究→行動→振りかえり」のサイクルを軸としたプログラムを行っています。

日本政府は国際バカロレア(IB)の導入を推進し、新しい教育を模索していますが、アオバは、2016年9月にIB全プログラムの認定校となり、幼稚部から高等部まで一貫した教育の中で、内発的な動機による自発的な学習行動を促すよう工夫されたカリキュラムを提供しています。

トップレベルの人材を育成してきたプロが講師に

イベントには谷亮子選手ら柔道オリンピック選手を育てた中橋治美氏、30年以上の実績を持つこぐま会久野泰可氏、渋谷充氏をゲストに迎え、子どもたち自身から生まれる好奇心を生かし、より深い学びを促すための学校や保護者の関わり方、教育方法について考えます。

10月22日(土)12:50〜14:40、アオバジャパン・バイリンガルプリスクール早稲田キャンパスにて、参加費無料のイベントになっています。申し込みは電話:03-6385-2818まで。

参考リンク

@press

アオバジャパン・バイリンガルプリスクール