産後の肥立ちの目安は約1カ月で、子宮が回復に向かうにつれて日増しに悪露が減っていきます。しかしなかなか体調が戻らない、思うように活動出来ないというママもいます。そんな場合の対処法について、専門家に尋ねてみました。

産後1カ月のママからの相談:「産後、歩行時のグラつきと内臓の痛みが。早く回復する方法を教えて!」


『3人目の出産を終え1カ月経ちました。身体の回復が遅く、なかなか床上げになりません。歩く時にグラグラ感があり、トコちゃんベルトを強く締めてやっと歩ける感じで重い物を持つことも出来ません。これから先良くなるのかとても不安です。また、内臓が下がっている感覚があり、痛みで産後運動も出来ません。回復にあたり何か良い方法はありますか?(30代・女性)』

産後の回復には個人差が…無理をせずマイペースで!

産後体調が回復する目安は、約1カ月といわれていますが個人差があります。産後は骨盤が固まるのに時間が掛かります。体調が回復するまでは、安静が必要です。無理をしないようにしましょう。

『今はグラグラしていても仕方がない時期です。時間をかけて緩んだ骨盤は、ゆっくり時間をかけて固まります。焦る必要はありません。「内臓が下がっている感覚」についてですが、最近まで赤ちゃんや羊水、胎盤などがお腹に入っていたので、赤ちゃんがいたスペースに内臓などが落ち込む感じになります。これは骨盤がきちんと回復すれば改善します。トコちゃんベルトなどの骨盤ベルトは強く締めた方が効果があると思われがちですが、強く締め付けては逆効果です。入院中に着け方は教わりましたか?教えてもらった通りに着けてください。(看護師)』


『産後約1カ月は安静が優先されますから、無理に運動する必要はありません。産後の回復に必要な期間は、一般的に約1カ月と言われますが、個人差がありますし産褥期をどう過ごすかにより今後に影響します。1カ月健診では異常はなかったでしょうか。体調がまだ完全に回復していないとは思いますが、過度な安静も逆効果です。家事等は家族に任せ、自分の身の回りや育児を優先出来るのであれば、それがベストです。 (産科婦人科・看護師)』


ストレッチや産褥体操、家事を少しずつ始めてみましょう

体調が悪く運動出来なくても、家の中でストレッチや産褥体操など体に負担をかけない方法で骨盤の回復や悪露の排出を促すことが出来ます。無理をせず、出来ることから始めましょう。

『骨盤の回復方法の基本は、安静と骨盤矯正ストレッチ、そして骨盤ベルトです。(看護師)』


『悪露が治まり体調が回復してきたら、徐々に家事や近所への買い物などから始めてください。運動が出来ない場合は、産褥体操を行ってください。産後1〜2カ月までは骨盤矯正やダイエット目的でなく、子宮の収縮や悪露の排出を促したり、産道の筋肉を引き締める目的で産褥体操を勧めています。腹式呼吸や寝たままで出来るストレッチなど体に負担なく簡単な方法で、無理のない範囲で行ってください。(産科婦人科・看護師)』


前回のお産と産後の肥立ちが異なるので戸惑っていらっしゃるのかもしれません。専門家は、無理をせず出来る範囲で産褥体操や呼吸法を行ってみるよう勧めています。