産後は、骨盤が左右に開き動きやすくなっています。緩んで非常に歪みやすいため、矯正する必要があります。産後の骨盤矯正のタイミングと方法について、専門家に聞きました。

産後4カ月のママからの相談:「産後4カ月で骨盤ベルトの使用はもう遅い?今から出来る方法は?」


『産後4カ月になりようやく心身ともに落ち着き、骨盤矯正を考えています。骨盤ベルトの購入を検討していますが、友人に聞いたところ「産後すぐに着けないと意味が無い」と言われてしまいました。骨盤矯正ができる整骨院に行った方がいいのでしょうか。現在自分の骨盤がどういった状態か分からず不安です。産後4カ月を過ぎていても、始められる骨盤矯正はありますか。(30代・女性)』

骨盤が固まらない内に矯正開始を

骨盤が固まるのは、約6カ月が目安です。早いに越したことはありませんが、産後4カ月から骨盤矯正を始めても遅いことはありません。体操やベルト・下着など骨盤矯正の方法や道具はいろいろあります。

『産後4カ月からでも、骨盤矯正をすることは出来ます。骨盤がまだ完全に固まらないうちに、骨盤矯正をスタートしましょう。期間が経てば経つほど骨盤の固まりは進んで、矯正に時間がかかります。(看護師)』


『産後半年を過ぎると骨盤が固くなり矯正しにくくなりますが、4カ月ですから遅いことはありません。骨盤矯正には、骨盤ベルトやガードルを着用し、骨盤体操を行うと効果的です。妊娠中から使用しているベルトがあればそれを着用し、なければ自身の体型に合ったベルトや矯正下着をお店の方に相談して選んでください。(産科婦人科・看護師)』


自宅で出来る骨盤体操や整骨院の施術もお勧め

産後4カ月ですと骨盤が固まり始めていると考えられるため、骨盤ベルトだけでなく自宅で出来る骨盤体操が推奨されています。また、整骨院などで矯正施術や指導を受けることも出来ます。

『自宅で出来る簡単な骨盤矯正体操の方法を紹介します。膝を伸ばして座り、両手を前に出して右手と右足を同時に動かし、お尻で前に進みます。10歩進んだら10歩戻ります。前後5回で1セット、これを2〜3セット行ってください。また足を肩幅にくらいに開いて立ち、腰だけを左右10回ずつ回します。左右10回ずつで1セット、これを5セットほど行ってください。整骨院で矯正してもらってもいいでしょう。(産科婦人科・看護師)』


『骨盤ベルトは、骨盤の緩みをフォローするためのベルトです。骨盤矯正の整体に通うことは有効ですが、矯正をしてもらうだけではなく自宅で出来る体操など指導してくれる整骨院を選びましょう。(看護師)』


産後の骨盤矯正は早めに開始する方が効果的ですが、産後4カ月でも十分に間に合いますので過度な心配は要らないでしょう。骨盤矯正の方法はいろいろありますので、ご自身の状況に合った方法を選んでください。