今は、あらゆる分野において変化のスピードが速くなっています。最先端技術の世界のことだけではありません。日々の生活の中でも実感できることが数多くあると思います。多くの人がスマホを持つようになり、SNSが普及し、それにつれてコミュニケーションのスピードも速くなりました。

 働き方についても大きな変化が起こっています。AIやロボットが近い将来、人間の仕事を奪うことになると予測され話題になっていいます。日本ではかつての年功序列や終身雇用が崩れ去ろうとしていますが、それよりもっと大きな変化が短い期間のうちに起きてしまうかもしれません。

 もはや「明日も今日と同じような1日が待っている」とのんびり構えていられる時代ではなくなりました。10後に自分がどんな生活を送り、どんな仕事をしているのか、イメージしにくい時代になったと感じます。

 これからますます変化に柔軟に対応することが、今まで以上に大切になってくるのではないでしょうか。つまり、「変化に対応する力」が求められるようになってくるということです。