北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)が配信した、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験の写真〔AFPBB News〕

 核開発を推進する北朝鮮が我が国周辺の安全保障の大きな脅威になってきた。

 図1「北朝鮮の核実験の歴史」を見てもらいたい。北朝鮮は、9月9日に5回目の核実験を実施したが、規模において過去最大規模(10〜12kt級、地震の規模はM5)で、頻度的にも年2回の核実験は初めてであり、世界中にショックを与えた。

 北朝鮮の金正恩委員長は、並々ならぬ決意で核開発と弾道ミサイル開発を推進し、核弾頭を搭載した弾道ミサイル(以下、核ミサイルと表現する)を完成させようとしている。

 彼には米国や中国の反対も北朝鮮国内の悲惨な状況も眼中になく、ただひたすら自らの生き残りをかけて核開発と弾道ミサイルの開発に猛進している。

 彼の最終的な目標は、米国を打撃し得るICBM(大陸間弾道弾)や潜水艦発射のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を開発して、戦略核抑止力を確保し、自らの体制を維持することであろう。

 本稿においては、この暴走する北朝鮮にいかに対処すべきかを考えてみたい。

5回目の核実験は何を意味するか

 図1が示すように、北朝鮮の核は着実にその威力を向上させているが、5回目の核実験を受けて、「北朝鮮は核の小型化にどこまで成功したのか」が筆者の一番の関心事項である。

 まず当事国である北朝鮮は、「核弾頭実験に成功した」「各種の核弾頭を思い通りに生産できるようになった」と主張している。

 一方、韓国軍や韓国の情報当局は、北朝鮮は核爆弾の実験とミサイルの発射にそれぞれ成功したものの、核爆弾をミサイルの弾頭にするほど小型化するには、多少時間がかかるとみていた。

 しかし、韓国の国家情報院は9日、国会への報告で「スカッド・ミサイルに搭載できるほど弾頭を小型化するのが北朝鮮の目標だが、当初よりも速いスピードで進んでいる」と分析している。

 他方、韓国のマスメディアでは「金正恩労働党委員長の手に、ほぼ完成形の核ミサイルが握られた」と報道するところもある。

 米ニューヨークタイムズは「2020年までに核爆弾の小型化の技術を獲得する可能性がある」と伝えている*1

 しかし、バラク・オバマ大統領は、今回の核実験後に、「北朝鮮を核保有国として認めない」とコメントしている。核保有国として認めないということは、北朝鮮の核開発は米国に対する核抑止力として認めないということである。

 中国もまた、朝鮮半島の非核化を主張してきた経緯もあり、北朝鮮を核保有国として認めていない。そして、中国の報道*2によると、「北朝鮮の現段階の核開発の段階は、戦略核抑止の段階になっていない」としている。

 北朝鮮が核爆弾の小型化に成功し、核ミサイルを完成させてしまうと手遅れになるので、北朝鮮に対して行動を起こすには今がリミットだという意見がある。

*1= “North Korea Will Have the Skills to Make a Nuclear Warhead by 2020”, New York Times Sept 9 2016

*2= Global Times, N.Korean nuclear test short of strategic deterrent