2015年の世界で楽曲を最も売り上げたミュージシャン、英歌手アデル(Adele)〔AFPBB News〕

 かねて報じられていたとおり米アマゾン・ドットコムは10月12日、米国で新たな音楽ストリーミングサービスを始めたと発表した。

同社初の本格的音楽ストリーミング

 これは「Amazon Music Unlimited」と言い、その名のとおり聴き放題の音楽サービスだ。

 料金は米アップルや英スポティファイなどの競合大手と同じく1カ月9.99ドルだが、アマゾンの有料会員プログラム「Prime」のメンバーには月額7.99ドルと年額79ドルのプランを用意し、値ごろ感を出している。

 アマゾンには、米国で年額99ドル、または月額10.99ドルで提供しているPrimeの特典として、同様の聴き放題ストリーミングサービス「Prime Music」があるが、このPrime Musicで配信している楽曲の数は約200万曲にとどまっている。

 これに対し、新サービスは数千万曲を用意しており、ライバルに対抗する本格的なサービスとなる。

販売好調の「Echo」と連携

 また、アマゾンは自社の強みを生かしたい考えのようで、販売が好調と言われる音声アシスタント端末「Echo」シリーズとの連携を図っている。

 これについて同社は、2つの仕組みを用意している。1つは「Amazon Music Unlimited for Echo」というEcho所有者専用の料金。こちらの月額料金はPrimeメンバー、非Primeメンバーともに3.99ドルと割安。

 1台のEcho端末でしか利用できないという制約があるものの、「Amazon Echo」「Echo Dot」「Amazon Tap」といったこれまでに発売したEchoシリーズのすべてで利用できる。