タバンコクの病院前でプミポン国王の健康回復を祈る人たち(2014年12月撮影)。2016年9月には容体に改善の兆候が見られると報じられたが、いまだ医師団による懸命な治療が続いている。(c)AFP/Christophe ARCHAMBAULT 〔AFPBB News〕

※タイの王室庁は2016年10月13日に声明を出し、プミポン国王が13日に88歳で死去したと発表しました。(2016年10月14日編集部)

 先月末にタイを訪れた。これまでと変わらない風景の中にも、どこかに緊張感が感じられた。

 それは国王であるラーマ9世(プミポン・アドゥンヤデート国王)の容態が思わしくないためであり、その雰囲気はどこか昭和天皇が病床に伏せ、X-dayが取りざたされた昭和63年の秋に似ていた。

 ただ、タイにおける王権の引き継ぎは日本のようにスムーズに行きそうにない。

暗雲立ち込めるタイの内情

 多くの国民はプミポン国王を敬愛している。国王は立憲君主でありながら政治に大きな影響力を及ぼしてきた。

 国王はクーデターが起こるたびに、そのカリスマ性によって国の分裂を防いできた。ここ30年ほど、タイが順調に経済発展を遂げることができた背景には国王の存在があった。

 現在でもタイには不敬罪が存在する。タイ人は王室について語るとき慎重にならざるを得ないが、それでも私的な場では小声でいろいろと語り合っている。

 皇太子のワチラーロンコーンは3度の離婚や愛人問題など若い頃から行状に問題があり不人気である。妹のシリントーン王女は人気が高く、未来の王位に就くことを望む声も多いが、いまのところ独身であり子どもがいない。そのために、シリントーン王女が王位をついでもその次が問題なる。タイの王室は問題だらけというわけだ。

 ここまでの話は他のマスコミも伝えており、知っている読者も多いと思う。筆者は農業からアジア経済を見てきたが、今回はその視点からタイ王室の継承について考えてみたい。