オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、デジタルオーディオプレーヤー「DP−X1A」を2016年10月上旬に発売する。

DSDは11.2MHz、FLAC・WAVは384kHz/24bit、MQAのハイレゾ音源の再生に対応し、DACから出力端子までフルバランス回路設計にするとともに、Android OSを搭載したポータブルデジタルオーディオプレーヤー。Wi−FiおよびBluetooth機能により、ワイヤレス環境下でさまざまな機器との連携が可能となっている。

音質面は、培ってきたオーディオ機器のノウハウを結集。定評のあるESS社製SABRE DACとアンプを2個ずつ搭載するとともに出力には2.5mm4極バランス端子を採用している。バランス回路は、通常のバランス駆動に加え、独自のActive Control GND駆動を搭載。また、音楽信号へのノイズ排除や電源のクリーン化、グランド管理を徹底した回路設計により、圧縮音源やストリーミング音源も、クラス最高レベルの高音質で再生できる。

容量は、64GBの内蔵ストレージに加え、micro SDカードスロットを2つ搭載し、クラス最大級の464GBまで拡張可能。

ディスプレイはGorillaGlassを採用した業界最大クラスの4.7インチを実現、Google Playに対応しているので、音楽・動画ストリーミング再生やゲーム、ラジオなどのアプリも楽しめる。また、ハイレゾ音源を手軽に楽しめる配信サイト"e−onkyo music"の専用ダウンローダー機能により、PCを介さずにダイレクトに楽曲をダウンロードできる。

オープン価格。