西武ホールディングス(西武HD)は2017年春、同社の連結子会社であるプリンスリゾーツハワイインクが運営する「ハワイプリンスホテルワイキキ」(ハワイ州オアフ島)を一新し、「プリンスワイキキ」としてオープンさせる。16年9月15日に東京ガーデンテラス紀尾井町(東京都千代田区)で開いた記者会見で明らかにした。

再開発が進むオアフ島南部にあって好立地

1990年に開業した「ハワイプリンスホテルワイキキ」は、ホノルル空港から車で約20分、世界最大級の商業施設・アラモアナセンターから徒歩5分の場所に位置する。全室オーシャンフロントで、窓から美しい海とアラ・ワイ・ヨットハーバーを見渡すことができる。

アラモアナセンターは増床工事が完了して2015年11月にグランドオープンしたばかり。同センターに隣接する地域では再開発が進む。さらに5、6年後、ホノルル国際空港と同センターを結ぶ市営鉄道が開通する予定だ。世界中の富裕層が今まで以上に集まってくると予想される。同センターから見て同ホテルはワイキキの入口に立地する。こうした追い風を受けて、西武HDは今回のリブランドに踏み切った。

オアフワイキキエリアにおける同ホテルのポジションチャートは「アップスケール(高級価格帯)」。これを1ランク上の「アッパーアップスケール」にグレードアップし、平均客室単価も190ドル前後から250〜270ドル程度に引き上げる狙いだ。

 

最上階のチャペルは地上107m、キャンペーンも実施中

ロビー、客室、レストランの改装工事は16年12月に完了する。宴会場ならびにプールエリア、ミーティングスペースといった施設については17年春の完了予定だ。

利用者を迎えるロビーはホテルの顔。現地在住のアーティスト、カイリ・チャンさん作の「フラリイカラ」が展示される。コンシェルジュデスクでは最新のICTを駆使し、宿泊客1人ひとりに合った旅のサポートを行う。

客室は現行の521室から563室に増やし、スイートを含む全ての部屋をリノベーションする。自然豊かな海岸線をイメージしたモダンオアシスがデザインに取り入れられ、癒しの空間を演出する。バスルームは全部屋にウォシュレットを設置してさらなるグレードアップを計る。天井から床まで続く窓には、180度のオーシャンビューを楽しめるよう、上下に開閉する全自動のブラインドを導入する。

レストランのメインダイニングでは、新たに設置したバースペースで種類も豊富なカクテル、淹れたてのフレッシュコーヒー、特製スムージーなどをオーダーできる。

新しいテナントは3つ。本格的な寿司和食店「KATUMIDORIMIDODRISUSHI TOKYO」が1階にオープンする。東京・築地から調達した食材を大ボリュームとリーズナブルな価格で食べられるのがセールスポイントだ。ロビーに位置するカフェには「HONOLULU COFFEE(ホノルルコーヒー)」が開店。ホテルの最上階(33階)、ハワイで唯一の地上約107mに位置する新チャペル「ラニレア チャペル」は、ワタベウェディングの運営。16年10月31日までに同チャペルでの挙式を申し込むと、挙式料金が通常料金の50%オフになる。挙式日は17年12月までが対象だ。詳細は特設サイトまで。