日立マクセルは、ポータブル超短投写LEDプロジェクター「SP-1J」を2016年10月に発売する。

従来の超短投写プロジェクターの約1/3の大きさを実現。丸みを帯びたコンパクトなデザインで、厚さ65ミリ、重さ1.2キロと持ち運びしやすい。壁などに最大50型の画面を投写できるほか、縦置きして机上に36型の映像を投写可能で、グループ会議などの際に机の上に映像を投影しながら議論ができる。

無料の専用アプリケーション「Link+」をインストールしたスマートフォン/タブレットとワイヤレス接続できる。近距離無線通信「NFC」を搭載し、対応端末をタッチするだけの簡単接続を実現した。投写画面上で手のひらを右から左へ動かすと、パソコンの操作不要で投影画面のスライド送り/戻しが可能なジェスチャー操作に対応する。

光源には赤/緑/青の3色LEDを採用。色再現性が高く、電源を入れるとすぐに明るくなり、鮮明な映像を表示できる。また、独自の映像処理技術「オートHDCR(High Dynamic Contrast Range)」を備え、周囲の明るさなど外部環境に応じて自動的に最適な映像表示が可能だ。

入力インターフェイスはアナログRGB(D-Sub 15ピン)、HDMI(MHL兼用)、USBディスプレイ、ワイヤレス接続に対応する。

価格はオープン。