文藝春秋・電子書籍編集部は、中村竜太郎氏の『スクープ 週刊文春エース記者の取材メモ』電子書籍を2016年10月7日に発売する(単行本は9月30日に発売)。

「シャブ&飛鳥」「NHKプロデューサー巨額横領事件」など『週刊文春』に掲載され、大きな話題となったスクープがどのように記事となっていったのかが描かれている。

筆者の中村竜太郎氏は、約20年にわたって『週刊文春』のエース記者として活躍した人物。「ネタ元」からの情報収集、裏を取るための地道な取材といった、週刊誌記者の実態を赤裸々に明かしている。

ニュース好きにはもちろん、週刊誌のスクープ記事に興味のない人にも良質のエンターテイメントとしてオススメの一冊。

価格は、単行本が1200円(税込)。電子書籍は電子書店によって異なる。