三菱レイヨン・クリンスイは2016年10月12日から、浄水器「和食のためのクリンスイ」シリーズから「クリンスイ JP407-D」を発売する。

水を大切にする「和食」に合わせた水を提供するというコンセプトで開発された浄水器シリーズ。これまでに、お米やお茶をおいしくするためのポット型浄水器などが発売されている。

昆布の老舗である「奥井海生堂」の監修のもと作られた。「出汁」はあらゆる和食料理の基本となる材料だが、使用する水の硬度によって出汁の出方は大きく変化してしまう。

そのため、出汁本来の旨味を引き出すためのカートリッジを開発して、搭載した。カートリッジ内部にイオン交換樹脂を採用し、水道水を軟水化することで出汁の旨味を引き出す水を作ることができるようにした。昆布をはじめとした様々な出汁に使える。

希望小売価格は4000円(税抜き、以下同)。なお交換用カートリッジは2500円。