10月17日は、1952年に日本銀行が、お金を無駄遣いせずに大切にしようという思いを込めて定めた「貯蓄の日」。2013年以降、1世帯当たり貯蓄現在高は連続で増加となっているという。お金は貯めた方がいいのか?それとも使った方がいいのか?

今回は、貯蓄術からお金の賢い使い方まで、様々な視点でお金について考える3冊。

J−CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

実はずぼらな人ほどお金が貯まるってホント?

「ダイエットと節約には、共通点があります。世間の情報をそのまま鵜呑みにするとキケンということです。リンゴやバナナダイエットなどが一時はやりましたが、リンゴだけ、バナナだけを食べていたら栄養の面で心配ですよね。そのダイエットの本質を、きちんと理解することが大事です。同じように、節約法もネットや新聞で見たやり方を真似するだけだと、かえってお金が貯まらないことがあります」というのは、テレビなどで活躍中のファイナルシャルプランナーの著者、風呂内亜矢さん。

『その節約はキケンです―お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか』(著・風呂内亜矢、 祥伝社、1404円)では、3000人以上の資産分析をした実績から、節約がうまくいかない本当の理由を解説。

「老後資金の目標金額をきめるとキケン」、「自炊にこだわるとキケン」、「クレジットカード断ちはキケン」、「何でもカバーする保険加入はキケン」、「500円玉貯金はキケン」、「長い財布にこだわるのはキケン」、「ポイントカードを貯めないのはキケン」など生活に密着したあらゆる「節約のキケン」を教えてくれる。

難しい話をわかりやすく教えてくれるお金の哲学書

「私の知る限り、お金に関することで、これ以上の話はないと思っています」と語るのは、1993年から納税額12年連続ベスト10入りという日本新記録を打ち立て、累計納税額に関して2006年の公示廃止までに、前人未到の合計173億円を納めた実業家、斎藤一人氏。お金だけをテーマに書き下ろした著書『お金の真理−大富豪が教える「お金に好かれる5つの法則」』(著・斎藤一人、サンマーク出版、1728円)では、お金を手に入れるためのノウハウを伝えるのではなく、お金の性質と本質を知り、その上で人間の心持ちや在り方にまで言及している。

「お金は"知恵"と"忍耐"を学ぶためにある」、「なぜかお金が入ってこない人は心のどこかでお金を嫌っている」、「目の前の問題を解決すると豊かになれる」、「神様を信じる人は成功する」、「自分は運がいいと思い込めば運は良くなる」の全5章からお金持ちになる秘技を学びとろう。

2人のミリオネアが明かす億万長者になる方法

国内外の一等地に数多くの収益物件を保有し、ビジネスと投資に精通するお金の専門家・柴田博人氏とビジネスパートナーである竹松祐紀氏の共著『デキない人のお金の使い方 デキる人のお金の使い方』(著・柴田博人、竹松祐紀、CCCメディアハウス、1620円)。

「お金を貯めていけば、いつかきっとお金持ちになれる―そう信じている人は多くいます。

でも、残念ながら、それは間違いです。お金は"使う"ことではじめて"増える"のです。とはいえ、無頓着に使っていては、いつまでたってもお金は増えません。自分が本当にほしいものを理解して、"お金が増えるような使い方"をする必要があります。それこそが、お金持ちのお金の使い方なのです。」(本書より)

ゼロからビジネスや投資を成功させ、民間人として宇宙旅行のチケットも手に入れてしまった若き実業家ふたりが、誰も教えてくれなかった"お金の秘密"を明かしてくれる。