神奈川県の水族館「横浜・八景島シーパラダイス」は2017年1月14日〜2月26日、「クリオネリウム2017」と題する特別展示を開催する。

神秘的な生き物だとされる「クリオネ」

巻貝の仲間である「クリオネ」(ハダカカメガイ)は貝殻を持たず、翼のような形をした「翼足」で泳ぐ姿から、「流氷の天使」や「氷の妖精」と称される。日本近海では流氷が訪れる頃、クリオネは北海道沿岸に出現するが、流氷の減少とともに姿を見せなくなるため、神秘的な生き物だとされている。

「クリオネリウム2017」では、クリオネ専用の水槽を用意し、1000匹のクリオネを泳がせている。オホーツク海で発見された新種のクリオネ「ダルマハダカカメガイ」もおり、少し小太りの体型や、オレンジ色の内臓などを観賞して楽しめる。

鋭い歯と強面の顔をした「オオカミウオ」や、丸いダンゴのような体型と愛嬌のある顔つきをした「フウセンウオ」(ダンゴウオの仲間)など、他にも北の海に生息する生き物たちが展示される。