【上海時事】中国国有鉄鋼大手、宝鋼集団(上海市)と武漢鋼鉄集団(湖北省)は22日までに、経営統合で合意した。新会社は粗鋼生産量で6000万トンを超え、首位のアルセロール・ミッタル(ルクセンブルク)に次ぐ2位に浮上。3位の新日鉄住金は4位に後退する。過剰生産能力を抱える中国鉄鋼業界の再編が加速しそうだ。

 新会社名は「中国宝武鋼鉄集団」。宝鋼が武漢を吸収合併する形だ。政府が同日までに統合計画を承認した。双方の上場子会社も合併する予定。