【ロンドン時事】国連総会出席のためニューヨークに滞在中のジョンソン英外相は22日、スカイニューズ・テレビに対し、英国は国民投票で決まった欧州連合(EU)離脱のための交渉を来年の早い時期にも開始する考えを明らかにした。また、交渉はEU基本条約で限度とされる2年はかからないという楽観的な見通しも示した。

 ジョンソン氏は「来年の早い時期に(離脱手続きを定めた同条約)50条の書簡を提出するとの予想の下に欧州のパートナーと話をしている」と述べた。50条によれば、メイ英首相が書簡でEU側に離脱を通告した時点で原則2年間を期限とする交渉が始まる。