【シリコンバレー時事】米インターネットサービス大手ヤフーは22日、2014年にサイバー攻撃を受け、世界全体で少なくとも5億人分の個人情報が流出したと発表した。米メディアによると、サイバー攻撃による個人情報流出としては過去最大。ヤフーは「国家が関与したサイバー攻撃」とみて、捜査当局と協力して調査を進める。

 ヤフージャパンは「日本でのサービスは独自運営されており、利用者への影響はない」としている。

 流出した個人情報は、名前、電子メールアドレス、電話番号、誕生日のほか、暗号化されたパスワードなどが含まれる。本人確認に使う質問と答えも一部で漏えいした。クレジットカードや銀行口座情報の流出は確認されていない。影響を受けた可能性があるユーザーには、パスワード変更などを呼び掛ける通知を送る。