【ニューヨーク時事】22日のニューヨーク株式相場は、米国の利上げペースが緩やかになるとの安心感が広がり、続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比98.76ドル高の1万8392.46ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は44.34ポイント高の5339.52で終わり、2日連続の過去最高値更新となった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は21日、追加利上げを見送った上で、将来の金利見通しについて引き下げた。市場では当面は緩和的な金融政策が続くと受け止められ、この日も買いが優勢となった。