サッポロホールディングス(HD)傘下のサッポロ不動産開発(東京)などが運営する商業ビル「銀座プレイス」が24日、東京・銀座にオープンする。地上11階、地下2階建てで、ビアホールや高級レストラン、日産自動車とソニーのショールームなどが入り、銀座の新たなランドマークになりそうだ。

 銀座プレイスは、銀座4丁目交差点の一角に位置し、地上3階と7階のテラスからは、通行人や車両が行き交う交差点を一望できる。地下のビアホールは8月に一足早く開店した。