日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)は23日の記者会見で、長短金利操作の導入を柱とする日銀の新たな金融政策の枠組みについて、「債券市場の流動性は一定程度確保されるが、マイナスの影響は避けられない」と述べた。清田氏は金利操作の弊害に関し、「(流動性の低下で)市場の縮小は徐々に進んでいく。(新たな金利操作は)そう長くは続けにくい」と指摘した。