日本郵政の長門正貢社長は23日の記者会見で、日銀が長期金利を一定の水準に誘導する金融政策を導入したことについて、「大変なチャレンジだ」と述べ、狙った金利水準を長期間維持できるかが課題になるとの見方を示した。日本郵政グループの対応に関しては、運用多様化を急ぐ考えを強調した。

 長門社長は「日銀は大きなプレーヤーなので、10年物国債の金利を狙ったところに持っていくことは可能だ」と指摘。ただ、「市場はいろいろな思惑で動いており、問題は長期にわたり(水準を)維持できるかだ」と言及した。