東北電力〈9506〉の原田宏哉社長は23日の記者会見で、政府が高速増殖炉もんじゅの廃炉を含めた抜本的な見直しを検討していることについて「資源の有効利用の観点から、原子燃料サイクルを継続していくのは極めて重要だ」との考えを示した。