任天堂は13日、新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を日米欧で3月3日に発売すると発表した。価格はコントローラーとセットで3万2378円。日本では1月21日から予約を開始する。テレビでゲームを楽しむ据え置き型だが、本体に液晶画面を搭載しており、携帯して遊ぶこともできる。任天堂の据え置き型ゲーム機の発売は、2012年11月の「Wii U(ウィーユー)」以来。

 君島達己社長は東京都内で開いた発表会で、スイッチについて、「テレビゲームのプレースタイルを多様化させる新しい据え置き型ゲーム機だ」と語った。液晶画面は6.2インチ。本体にコントローラーを取り付け、携帯型ゲーム機のように使えるほか、液晶をテレビ画面の代わりにして多人数で遊ぶことが可能だ。