【ビジネスワイヤ】東芝〈6502〉は、シリコンカーバイド(SiC)採用のショットキーバリアダイオードの新製品8種を開発したと発表した。新製品は第2世代650V耐圧の製品となる。同社の第1世代製品と比べて、サージ電流耐量を約70%向上させるとともに、低損失化を実現している。電流定格は4、6、8、10アンペアの4種があり、非絶縁型と絶縁型の2種類のパッケージを用意。大型スクリーン用電源、プロジェクター用電源などに適している。直ちに出荷を開始する。〈BIZW〉

【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。原文はwww.businesswire.comへ。