【ニューヨーク時事】週末13日のニューヨーク株式相場は利益確定売りに押されて、小幅続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比5.27ドル安の1万9885.73ドルで終了。一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数は26.63ポイント高の5574.12と、2日ぶりに史上最高値を更新した。

 この日発表されたJPモルガン・チェースなど金融大手の決算は好調な内容。相場はこれを好感して序盤に上昇したが、利益を確保するための売りが次第に優勢となり、マイナスに転じた。