【サンパウロ時事】メキシコのグアハルド経済相は13日、トランプ次期米大統領の批判にもかかわらず、トヨタ自動車がメキシコ工場建設計画を変更しないと表明したことについて「責任のある行動だ」と称賛した。「私がトランプ氏だったら、もっとトヨタに敬意を払う」とも語り、企業の経営に介入するトランプ氏の姿勢を非難した。