22日午後10時ごろ、広島県東広島市八本松町飯田の飲食業松井要さん(42)宅から火が出ていると、近所の住民から119番があった。木造2階建て住宅約100平方メートルが全焼し、焼け跡から松井さんの長女聖里南ちゃん(5)と三男照磨君(8カ月)の遺体が見つかった。

 東広島署などによると、松井さんは7人家族で、出火当時は仕事で外出中だった。家には妻(29)と子ども5人がおり、妻は喉に軽いやけどを負い、病院で手当てを受けた。子ども3人は逃げて無事だった。

 現場検証の結果、火元は居間付近と判明。同署は出火原因を詳しく調べる。

 現場はJR山陽線八本松駅から北東約600メートルの住宅地。